高橋久一郎の顔画像!借入目的なに?銀行居座りの迷惑行為がヤバい!

trend

宮城県仙台市で銀行内で大声を出し、そのまま居座った事件について!

高橋久一郎(無職)について記事にしていこうと思います!

高橋久一郎の借入の目的は何だったのでしょうか?

5分ほどで読める記事になっています!

それではいきましょう~!

 

高橋久一郎 顔画像や動機は?

報道されている情報から、簡単に高橋久一郎容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:高橋久一郎
  • 年齢:90歳
  • 住所:埼玉県さいたま市北区
  • 職業:無職

高橋久一郎容疑者の顔画像を見つけることは出来ませんでした!

■高橋久一郎容疑者の年齢は90歳です!

人生の終盤を迎えていた中での逮捕でした。

90歳ってかなりの長生きです。

 高橋久一郎容疑者は認知症だったのでしょうか?

高橋久一郎容疑者の年齢から認知症の可能性は高いです。

90歳は何かしらの病気を抱えている場合が多いですからね。

高橋久一郎容疑者は銀行から借入を受けて何をするつもりだったのでしょうか?

生活費に困っていたのでしょうか?

高橋久一郎容疑者には姉が居ました。

姉の年齢は90歳以上ですよね。

今も生きているのか疑問です。

高橋久一郎容疑者は90歳まで生きている凄い方です。

しかし、人様に迷惑をかけるのは違うと思います。

年を取っても人に迷惑をかけない様にしたいですね。

 

 

 

高橋久一郎 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

銀行内で大声を出したため退店するように要請されたのにもかかわらず、そのまま居座ったとして、宮城県警仙台南署は18日、建造物侵入の疑いで、さいたま市北区の無職、高橋久一郎容疑者(90)を逮捕した。

調べに対し「帰れなんて言われたつもりはない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は18日午後1時15分ごろ、仙台市太白区の銀行支店で、同支店から退去を要請されたのにもかかわらず、午後2時ごろまで応じなかったとしている。

同署によると、高橋容疑者は午前11時30分ごろ、姉名義の使えなくなった通帳を持って同店を訪問。

「1千万円を引き落としたい」と行員に相談した。

前日にもさいたま市から来店したといい、この日も行員が説明しても取り合わなかったため、店側が110番通報。

2時間半にわたって行員が「取引はできない」と高橋容疑者に説明しても、「納得いかない」などと聞き入れなかったという。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000644-san-l04

 

 

 

高橋久一郎 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

〒982-8601 宮城県仙台市太白区

 

 

 

高橋久一郎 逮捕の事件について

高橋久一郎容疑者は銀行からの退店に応じず居座ったことで逮捕されました。

行員にとっても迷惑ですよね。

銀行も融資先を決める権利はあります。

貸したお金が返ってこないのは銀行にとっても痛いです。

銀行でなくても貸した物が返ってこない所にはお金を貸したくないですよね。

高橋久一郎容疑者は借入を受けて何に使う目的だったのでしょうか?

高橋久一郎容疑者には子供は居なかったのでしょうか?

子供が居れば高橋久一郎容疑者の面倒や生活の世話をしてもらえたはずです。

高橋久一郎容疑者の借入を受けようと思った理由が気になりますね。

高橋久一郎容疑者は逮捕されて刑務所で過ごすことを目的としていたのでしょうか?

生活に困っている人が刑務所に住むために逮捕されるケースは増えています!

高橋久一郎容疑者の借入の目的や子供の有無について調べる必要がありますね。

 

 

 

高橋久一郎 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

● 認知症で片づけてはい終わりとかではなくて
これは自己判断(主張)が強すぎるだけでは?
相談ができない、質問に対する回答ができない、自分がしてることの意味を理解せずに自分の主張だけで押し通そうとする。
車の事故にしてもこうやって機転が利かないだけでは。

● 行員が説明しても伝わらないのでは、通報もやむを得ずだったのかもしれませんね。
しかし、ご高齢になってから経験のない方法を説明されても、どこまで理解できるものなのか。まだ90にはならないが、自分の祖父母を見ていても理解力の低下は当然あるし、サポートできるご家族がいないとこういうことも起こってしまうのでしょうね。
ご本人は困らせたい訳ではないんでしょうが…。

● まさに昨日、郵便局で亡くなった旦那さんの保険金を受け取ろうとして、手ぶらで来た90代くらいのおばあちゃんが係の人に何回も説明されてた。
係の人も、保険証書や死亡証明書が要るんです、と必要な書類を紙に書き出しても、うわ言のように「じいさんの保険…」と呟くばかりで、明らかに認知症。
記事のもだけど、難しい手続きのときは親族の人が誰か付いてきてあげてほしいし、もし子どもがいないなら、こういうときに市民後見人が必要なんだろう。
3時間くらい経って郵便局の前を通ったら、まだおばあちゃんが長椅子に鎮座していて、どちらも気の毒になった…

● 今じゃ絶対にやらないが、一昔前はこういう身寄りの無い老人世帯に対して、地元の郵便局が簡易保険金の手続きとか日常の金銭の出し入れとか公共料金の支払いとか、普通に代行していたことがよくあった。一般レベルでも、急な香典で10万必要だから現金持って来てと頼むと届けてくれるとか、まさに財布を預けたような感覚だった。簡易郵便局は地元の名士が伝統的に経営していることが多く、一種の後見人的な役割も担っていた訳だが、例の小泉改革で民営化と共にそれらの役割は消滅した。同時に悪質な後見人の財産横取り事例など目立って報道されてきた。記事のように本当に財産があるか無いかは別にして、近隣が関与出来る仕組みを失うと孤独死を含めてこういう問題が多発すると思う。2千万とか4千万円とか金額の前に、地域のコミュニティの役割が外国人問題含めて、決めていくべきと思う。

● 他人名義の通帳は使えないが、この人の年齢が90歳ということは、名義人の姉の年齢はそれ以上だから、今存命ではないのではないか?だとしたら、血縁関係があるので、場合によっては相続権もあるから、きちんと調べて、あるようであればしかるべき法的手続きを踏んで、銀行に請求したらいい。この記事だけでははっきりわからない。日本では、行き場のない金は銀行が結局自分のものとするっていうから。いずれにせよ、自分一人では何もできないのだから、周りの人に助けてもらって。

● 別の支店が発行した通帳を持参し
ここに入っている定期預金を解約するんだと
何度行員から説明されても
振り出しに戻る恍惚の老婆を見たことがある
発行元の支店なんか行ってられないと喚いてたし
ひょっとしたら他人名義の通帳だったのかも

● さいたま市から、何故わざわざ仙台市まで来たのか⁇産まれた所が仙台地区だったで、昔を思い出して来てしまったのか不明で、大迷惑な爺さんでは有りますが…今の高齢化社会を反映しているようでなんとも言えないですね。
追伸:まさか、最近の老後には2千万円いるに反応しての行動ではないよね⁇

●最近の老人は昔の老人と違って質が悪い!
おまけに得るものはほとんどなく尊敬に値しない!
90歳もこの言い訳!

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は宮城県仙台市で銀行内で大声を出し、そのまま居座った事件について!

高橋久一郎(無職)について記事にしていきました!

高橋久一郎容疑者の姉が今も生きているのか疑問が残りますね。

高橋久一郎容疑者は今後どうなるのか。

高齢化社会の日本が抱える問題は多いと思いました。

それでは、また次回のブログでお会いしましょう~!!

 

 

 

コメント