水野和江の顔画像は?知人の思い出を踏みにじる行動がヤバい!

trend

 

こんにちは、トレンド君0107です!

 

 

今回は、知人の引っ越し準備を手伝うと装い、約500万円相当の指輪などを盗んだ事件について。

 

容疑者の水野和江について記事にしていこうと思います!

 

水野和江の顔画像は?

事件の詳細は?

事件現場は?

事件に対しての声は?

について調べていきました!

 

5分ほどで読める記事になっています!

 

気軽に読んでみて下さい!

 

それではいきましょう~!

 

水野和江 顔画像は?

報道されている情報から、簡単に水野和江容疑者のプロフィールをまとめていきます。

      • 名前:水野和江(みずの かずえ)
      • 年齢:67歳
      • 住所:〒820-8501 福岡県飯塚市

 

  • 職業:無職

 

水野和江容疑者の顔画像を見つけることは出来ませんでした!

 

■67歳ということもあり、生活面に困っていたのではないかと考えます!また、娘や息子の存在は分かりませんが、事件を起こすくらいな方だとしたら、おそらく一人で生活していたのではないかと思います。

窃盗って余程の事がない限り、見つかって捕まりますし、ましてや年齢が年齢なので、見つかっても逃げれないのではないかと思ってしまいますね。

しかし、そんな後先を考える以上に困っていた。私はそう考えます。容疑者がなぜ犯行に及んだのか定かではありませんが、金銭面からくる生活難ではないかと推測します。

私はこの年齢になって事件を起こしたいとは思いませんけどね。。

 

水野和江 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

 知人の引っ越し準備を手伝うと装い、約500万円相当の指輪などを盗んだとして67歳の女が逮捕されました。


飯塚市の無職・水野和江容疑者(67)は、おととし5月から6月にかけて知人女性の自宅から約500万円相当の指輪やブローチなど31点を盗んだ疑いが持たれています。
警察によりますと、水野容疑者は引っ越しを手伝うと見せかけて家に上がり込み、指輪などを盗んだとみられています。


水野容疑者の自宅からは盗まれた指輪など数点が発見されましたが警察の調べに対し、「私がしたかどうかは何も言いたくない」と黙秘しているということです。


盗まれたものはほとんどが質屋に入れられているものとみられ、警察が調べています。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00010007-kbcv-l40

 

 

 

水野和江 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

〒820-0072 福岡県飯塚市南尾

 

 

 

水野和江 逮捕の事件について

■まず知人の気持ちからしたら複雑だと思いますね。なんで私のものを盗んで売ったのって気持になりますよね。信頼の度合いが分かりませんが、仲が良いほど、悲しさはあったと思います。

また、容疑者の生活状況を知っていたら、知人としては、尚更なんで相談しなかったの?って思いますよね。相談して、解決すれば、まだ事件にならなかったかもしれないのに。

今回の事件は複雑な気持ちになりますね。

皆さんも友人が困っていたら、普通無視しますか?

大抵の人は相談にのりますよね。

そして、今は生活保護もあります。困っている人を助ける策があります。

今回もそうですが、一人で悩まずに相談してほしかったですね。

 

 

水野和江 逮捕にネットの反応は?

類似の事件の声をまとめてみました!

●治安が悪くなっていると思う。

●日本人の質も随分と低下している様だから、ね

だからこそ
ナニ人だろうが犯人には重罰を求めたい

●またまた貧困アラフィフ。この年代ばっかりやな~犯罪する奴。

●大金など持ってるとは思えない女性。借金で八方塞がりで場当たりな犯行かな。

●援助交際とか、スカート盗撮とかより、
普通に考えて、
こっちのごぜんぜん、罪重いはず。
やられた身になって考えればわかる。

こいつはマジ、絶対許せねえ。

●いい歳した人間が何て情けないことしてやがる。厳罰刑にして下さい。

●刑務所にしか受け入れが出来ない日本政府 日本分断したらいい 日本は広すぎる。

●犯人の、元々狂ってた人生が、更に狂った。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、知人の引っ越し準備を手伝うと装い、約500万円相当を盗んだ事件について。

 

容疑者の水野和江について記事にしていきました!

 

窃盗って本当に良くないし、売っているとなると行方が分からない可能性もあります。

高級な品物なら、それぞれに思い出があるはずです。

そういった気持ちまでも奪ってしまった、今回の事件は悲しい気持ちになりますね。

 

困ったら誰かに相談ましょう。

そして、一人で抱え込まないでください!

 

それではまた次回のブログでお会いしましょう~!

 

コメント